夫は車が趣味で、高いものではありませんが中古車をしょっちゅう買い替えるのでその度にお金が無くなります。

中古だから良いだろうという甘い考えなのだと思うのですが、手続きの手間や登録の料金などもかかりますし、

しょっちゅう車を売ったり買ったりしているので結局かなりお金をつぎ込んでいます。

子供も大学生なのですが高い洋服ばかり買っていて、一応アプリなどで中古を買っているみたいですがそれでも靴に1万円以上かけたりして学生にしては高いです。

子供は化粧品もブランドが好きなのでしょっちゅう買っています。

私一人が節約してもむなしくなりますが、お金遣いの荒さは夫と子供は遺伝のようです。

もう少し切り詰めてもらわないと生活がきついです。

今の会社に就職して早8年が過ぎました。

その当時は結婚は考えていなかったので、月給が安くても仕事が楽そうな会社を転職先に考えていました。

とりあえず、今までの経験を生かせる会社を見つけたのですが、そこは月給で15万円でした。

しばらく考えましたが、当時はフリーターの身であったため、とにかく正社員になりたかったので、好きなインテリアの分野の仕事というのもあって、そちらで就職する事にしました。

安い月給ながらも、ほぼ土日休みの仕事だったので、プライベートもちゃんと取れていたので満足でしたが、そちらで今の妻と知り合い、結婚する運びとなりました。

幸せなので、不満は全然ありませんが、子どもも生まれ、毎月の出費がちょっとずつ増えていき、今の月給ではかなり苦しくなったので、近所の家具屋さんで毎週土曜日にアルバイトに行っています。

家具屋さんは力仕事なので、気分転換にもなりますが、せっかくの休みなので、やっぱり子供と遊んだり家族サービスしたいなあと頭をよぎる事もたまにあります。

今は給与面で今の会社よりも良いところを探したりもしています。

お金が全てではありませんが、やっぱり副業をしなくても家族を養えるだけの十分なお給料は欲しいなあと思います。

一生家族で住むことができる家を購入することは結婚して家族ができれば誰もが憧れるものですがいざ、自分達のための家を購入すると固定資産税はかかるは住宅ローンの金利は高いわでマイホームを買った時のイメージとはかけ離れたカツカツな生活になってしまいました。

当初、勉強不足ではありましたが住宅ローンの金利も家を買ってからの数年間は安かったので安心していましたが数年間の間に金利はどんどん上がっていき今では住宅ローンを払っているのか金利を払っているのか良くわからないような状態で住宅ローンを返済しています。

住宅ローンって組んでいる人がこんなに多いのに何でこんなに金利が高いんだろうとここまで高額な金利を毎月支払わされると文句の一つも言いたくなってしまいます。