以前にクレジットカードで滞納をしたことがあります。

学生の時のことで、歌舞伎町での飲み代として約40万円を払わず、

長期滞納をしてしまいした。


カード会社2社より、お電話が凄ましいペースで入ってきました。

返済しようとしても、学校を卒業した当時はフリーターでしたので、

工面が出来ませんでした。

その後、定職に就いて、入社1年目はとにかく借金返済を最重要目標して

お金が貯まっては、返済する、ということを何回も繰り返しました。

結局返済出来たのですが、滞納の影響はまだまだあります。

返済を終えて2年後に、信用機関3社にお問い合わせし、自分の信用度を調べて見ましたが、

まだまだカードを作れる状態ではありませんでした。

今は、デビットカードなどが出来ましたので、

審査なしでも、ネットでカード決済ができるようになりましたが、

それすらできなかった時はとても不便でした。

できれば、滞納はしないように注意しましょう。

お金の悩みについて、多くの人が抱えているものは、お金のやり繰りについての悩みでしょう。

私の抱えている悩み、給料の範囲での生活を心がけていますが、冠婚葬祭などの急な出費が嵩むと、通帳の普通預金の残高がマイナスとなることです。

普通預金をマイナスにできるということは、担保となる定期預金があるということですが、このマイナスを解消するにはかなりの努力が必要であり、なかなかプラスに転ずることができないのが大きな悩みの種です。プラスにするには固定費を見直すことです。

生命保険料など必要以上に支払っていないか、また電気、電話、水道など無駄遣いをしているわけではないものの、使い方を見直すことも家計を安定させるきっかけにもなります。

併せてコンビニでの間食などの出費をおさえることも大切ですね。お金に関する悩みが無い人はいないものと思っておりますが、「悩みの種」であることが、お金を大切に使い、無駄を無くし、人生を豊かにする動機にもなると思っています。

気がついたらお金が足りない!と毎月ピンチになっている我が家。家計を見直してみたら、いろいろと余計なものを買っていることがわかりました。

家電や家具など大きな物を買うときは、ほんとうに必要なのかどうか悩んで、値段や性能などをたくさん調べて比較してから買っています。それなのに、日々の細々としたものは、つい何も考えずに買ってしまっていました。

あると便利だからと買ったまま、使うことのない調味料。いつか必要になるからとまとめて買ったラップやキッチンペーパーなどのストックがたくさんありました。災害に備えて買ったトイレットペーパーも3ヶ月分ぐらいはあります。

「いつか使う」といいつつ、いままでに使ったことはありません。それどころかずっと保管しておくと劣化してしまうんですよね。ストックをちゃんと使って、少しずつ減らしていきたいです。