主人がサラリーマンだった頃に購入したマイホーム。

でも脱サラしてお給料が激減したので、毎月のローンの支払いが大変・・・!

最初は貯金を切り崩していたのですが、そんなことを続けるわけにも行かず、私もパートにでることにしました。子供が小さいからあまり働くのもなんだしな~と思ったり。

節約で出来ることはなんでもしてます。

毎日野菜はもやし!お肉は鶏肉のみ!食生活も節約しているんだけど、めちゃくちゃ惨め・・・。

冬も暖房ケチって風邪ひいたし。

も~こんなお金ない生活は嫌!なので、来年は子供も小学生になるので、正社員で仕事を探そうと思います。一応手に職を持っているので、どこか良いとこがあればいいんだけどね。

お金がないと夫婦喧嘩も増えるし良いことはなんにもないですしね。

「お金が無いのは首が無いのと同じ」ということわざがありますが、人間にとってお金はある意味命より大事なものであるのかもしれません。

欧米のキリスト教的な考えであれば労働は神様から与えられた罰であり、本来人間は働かなくていいものであるとの解釈もできます。

しかし、実際には働いて賃金を得ないと自由で楽しい生活などできるはずもなく、子供の頃から一生懸命勉強して社会にでたらその勉強したことがあまり役に立たないというのはいささか疑問に思います。

子供の頃から仕事の選び方、お金の儲け方を教えていった方が世の中のためみんなのためであるような気がします。

あまりお金のことばかり言っても子供が守銭奴になってしまいそうで問題が有りそうですが、現実には毎日お金のことばかりなのもまた明白な事実であります。

退職してから、嘱託で家人は働いてくれている。

遠方での勤務ではあるが、会社からの補助などもあるので、毎月帰宅もできる。

しかし何と言ってもお給料が大幅に減額されてしまったので、生活は大変である。

大幅に緊縮財政を敷かなくてはならない。

交通費は仕方ないけれど、その他は切り詰めていくしかない。

自分も臨時職員としての仕事をそろそろ辞めたいと思っているけれど、この先また一層収入が減ると、年金支給開始年齢までの数年間、どのように暮らしていけば良いのだろうか。

なるべくなら貯金に手をつけたくない。

息子が大学院を卒業して、やっと学費が出なくなった。

子ども達が家にお金を入れるわけではないが、一家で稼いでいる状態なので、楽にはなっているのだろうけれど、先々は少々不安だ。