給料日は待ち望んでいるのですが、しかしほぼ定額の給料ですから、支払いで消えて行くといった感じです。しかし期待している部分はあるのです。それは残業代ですね。残業代は自分ではあまり把握していないところがありますので、この「残業代」の分だけは期待しているところはありますね。

けれどもいざ給料日が来て、フタを開けてみるとやっぱりたいして増えていなかったりするのですよね。ですから、貯金をしたいのならば、やっぱり支出を抑えるしかないのです。支出をできるだけ低く抑えれば、給与も余り分が増えるというわけですからね。

しかしそれがなかなか難しいのですよね。ですから、毎月やっぱり余り分があまりないということになっているのです…。ああ、お金が足りない貯金したいと思っていますが。

個人事業主をしています。お陰様で顧客も徐々に増え、順調に売り上げを伸ばせて少しお金の心配もしない暮らしができ始めていたところ…急に社会保険料、厚生年金、住民税、所得税の支払いがぐっと増えました。

日本は累進課税制度を導入しているため、私の年収が一段上の税率の範囲に上がってしまったのが原因だと分かったのですが、あまりの税金の高さに驚いています。さらに今まで控除になっていたものも軒並みカットされてしまい、これなら一段低い税率の範囲にいた方がこなす仕事の労力と手元に残る金額のバランスが取れていたと思います。

頑張ってもっと手元に残せるまで売り上げを上げていくのは難しいし、かと言って今いる顧客を減らすわけにもいきません。傍から見れば一見年収の高い私ですが…頑張ってきた結果がこれかと思うとやるせないです。

住宅ローンを審査が通るぶんだけ全部借りてしまいました。実際、支払い計画を見た時に「毎月の支払いがきついな。」と思いましたが、収入が上がると見込んでいました。しかし、住宅ローンを払い初めて三年経ってもまだ収入は上がりません。

思ったよりも収入が上がらないことで住宅ローンを支払うのが思った以上に負担になっています。今ではあれだけ欲しかった家ですが、メンテナンスができていません。まだ住み始めて三年ですが、これから家のメンテナンスが始まります。

このままだと間違えなくメンテナンスなんてできません。新築で家を購入しても、十五年くらいしたらメンテナンスをしなければならないことを考えて住宅ローンを組んだ方がいいと思います。