帰宅した夫から、これからは給料の支払いが一気に変わる可能性があると言われました。

うちの夫は管理職で、何時間働いたからこの給料というわけではなく、時間外で仕事してる人も怠けてる人も一緒になる、固定給プラスみなし残業手当みたいな形です。

それが、完全に時間で管理する事になりそうだというわけです。

まあうちの夫はかなり仕事してる方だけど、もし暇な時期なら残業手当分がそっくりそのままなくなる可能性もなきにしもあらず、と言われました。

そうなると、月給から約8万円程が減額されてしまう事になります。

確かに仕事した分だけのお給料なのは当然だけど、これまで基本的には一定だったのがそんなに減るのは実際にはかなり辛いものがあり、まだ決定したわけでもないのに私まで気持ちが落ち込んでしまいました。

減ると考えてこれからの家計を考えたいと思います。

「お金は寂しがり屋なので、つい友人(=お金)を呼び込もうとする」「財布の中をきれいに整理し、居心地よくしてやるとお金は居つきやすい」…といった、お金の擬人化はよく言われることです。特にお財布のカラーや材質、風水などにこだわる人がよく仰ることです。

初めて聞く分には眉唾ですが、私の実体験から「お金は寂しがり屋」というのは本当だと思います。というのも、一度お金を拾うと「あれっ?」と思うくらいに同種類の硬貨を拾うことが続く経験を何度もしているからです。

地面から拾ったお金は往々にして汚れているので、きれいに洗ってから財布や貯金箱に入れてやると、まさに「類を呼ぶ」かのごとく、お金を拾う幸運が続きます。細かい硬貨もその価値を大切に認め、大事にするときっといい事がありますよ。

現在30代の母です。子どもを産む前は、毎月のお給料をやりくりしつつも定期的に「国内旅行」や「セレブディナー」「エステ」を楽しめていたのに、結婚し子どもが産まれてから経済状況は激減。パート勤めをしていますが、わずかなお金の中でやりくりしなければならず困っています。

同世代でまだ結婚していないお友達に会うと、趣味のコンサートに出かけたり、休日は仲間と料理教室やハイキングに出かけたり…自分のお金を自由に使っているセレブな時間がとても羨ましくなります。

結婚する前は玉の輿を夢見ていたのですが、現実的には少ない夫の給料の中で光熱費や家賃の支払いに苦しむ日々。消費税が数年後さらに上がると聞き、この先どんな生活が待っているのだろうと不安でいっぱいです。