自分は学生の頃に奨学金を借りていたのですが、その返済が今でもまだ残っています。

借りていたときは一人暮らしの生活費のために月6万円ほどのものだったのですが、4年も積み重なると結構な額になり、利子ものってくるので返済に一苦労です。

卒業後は毎月1万5千円を20年くらいにわたって払い続けることになり、それほど年収の高いわけではない自分にとってみればそこそこ大きな負担になっています。

しかし、考えてみれば大学生という気楽な時間に、奨学金があったおかげでそこまでバイトを頑張らなくても酒を飲んだり、遊んだりすることはできていたわけなので(もちろん、単位取得のための勉強はきっちりやった上でですが)、働き出してから多少の負担がかえってくるのは致し方ないことだとも思います。

借りたこと自体に後悔はないものなので、これからもコツコツ返済していく所存です。

お金がたまらない。

私はお金を貯めるのが本当に下手だ。

使うことはいくらでも出来る。欲しいものは次から次へと出てくる。

お金を使うのが得意とか、どれだけお金を使えるか競う競走なんかあれば、

結構上位に行けるんじゃないか?とか思うけど、使う前に持ってないと、使うのにも限りがあるからね…

不思議なもので、買う、という行為は連鎖すると思う。買い物をあまりしない時期は、必要最低限のものしか買わないで毎日過ぎていく。

でも一度、欲しいモノを買いだすと、立て続けに、あれも欲しかった、これもだった、と出てくるは、出てくるは…一度財布の紐を緩めてしまうと、際限なく緩んでしまうのだ。

今はスマホを手に取ると様々な誘惑、DMメールはもちろん、ブログを読んでいても、広告があちこちに…

しかも今の広告は見る人に合わせてカスタマイズされていて今まさに自分が興味があるものが表示されるようになっている。

ニュースを見ようとスマホを手にしたのに、いつの間にか通販サイトを熱心に見ている自分がいるのに気がついたりするのだ。

お金を貯める方法よりお金を使わないコツを身につけるのが先かもしれない…

お金がなくては生きていくことは難しいですよね。

その重要なお金をあなたは上手に使えてますか?

今回はお金の3つの使い方をテーマにしてお話しさせていただきます。

お金の使い方には消費・浪費・投資があります。

消費とは食べ物や日用品など生活するのに欠かせないものを買うことを言います。

次に、浪費とはギャンブルやブランド品の購入など生活に直接影響しない無駄遣いのことです。

最後に、投資とは株や不動産などお金が直接増える方法だけでなく、勉強するための本であったり、自分を高めるなどの自己投資も含まれたものを言います。

お金を増やしていきたいなら、浪費を極力減らし、その分を自己投資や資産構築のための投資にまわすのです。

これを心がけるだけでも今までの数倍豊かな生活が待っていることでしょう。