毎月の家計のやりくりが大変なので、お金を借りたいと思う主婦の方も多いでしょう。主婦がお金を借りる場合は、2通りの方法があります。まず仕事をしていて収入のある主婦は、自分名義でお金を借りることができます。

しかし専業主婦の場合は、自分の収入がありませんので、配偶者の名義で借りることになります。この時気をつけておきたい点として、配偶者名義での借入は、配偶者の信用情報によって審査結果が決まります。そのため、もしローンの延滞などがあると、ブラックが登録されるので、審査通過が難しくなります。

また配偶者名義でお金を借りる場合、消費者金融では配偶者の同意が求められます。ですから内緒でお金を借りたい時には、消費者金融は不向きです。銀行を利用するようにしましょう。また申し込みの時は、必ず配偶者の本人確認書類と、収入証明を持参するようにしてください。

お姑さんが何やら保険の証書を渡してくれました。

いつでも困った時に使ってくれていいからと言ってくれたんです。

常にお金には困っているんですけど、たぶんそういう意味ではないですよね。

すぐに使ったら元本割れしちゃうんだろうし。

まあでも手元にあるだけで気分的に随分とラクになった気がするものです。

私自身も娘が生まれた時に学資保険に入ってみました。

単に銀行勤めの友達に誘われただけなのですが、当面使う予定の無いお金があったので利率の良い貯金がわりです。

それももういつ解約しても元本割れはしません。

でもきっと大学受験とか大きくなった時は今よりもっとお金に困るんであって、

そういう時のためにある保険なんですからその時の為に大事にとっておきます。

ああ、宝くじでも当たらないかなぁ。