お金の心配の一つに消費税の増税があると思います。

今の8%から10%に上がると家計にも大きく打撃を受けてしまいます。

給料が上がればいいですが、上がるのは大手企業ばかりで国民の8割だといわれている中小企業の従業員はほとんど上がらないのではないでしょうか。

企業は内部保留ばかりで給与にはあまり反映させたくないようですが、

企業が貯め込むようでは経済の成長がみこません。

国民の個人個人としてはどのような対策をしたらいいのかと戸惑います。

副業で何とかしようとする人もいるでしょうし、節約をさらに続けるという人もいます。

私自身も副業と節約でしか今のところ対処の仕方が思いつきません。

いきなり投資で儲けようとしても、投資で増税分をカバーできる自信もありません。

副業でお金を稼ぎたいと思っています。

しかし、最近は、副業も厳しくなっています。ランサーズやクラウドワークスを見ても、ライターの仕事単価は、下がる一方です。

プログラマーと言われるエンジニアは、仕事も多いし単価も高いそうですが、アニメや広告等の外注もライター同様、単価が下がる一方に思います。

理由を考えてみました。一般的に仕事の単価は、需要と供給の関係で決まると言われています。

ライターは、専門性のある難解な内容を除き、誰でもチャレンジできます。同様、マックやフォトショップやイラストレーターをある程度使えれば、デザイン関係の仕事も出来てしまいます。

副業でお金を稼ぎたいと思っている人が多いのでしょう。また、クリエイティブな仕事は、人気があるため、労働単価が上がらない傾向にあります。

お金ってすぐに減るけど、増やすって大変ですよね。

昔ドラえもんの道具でお金を増やすってのがあったな〜なんって考えることもあったり・・・。

でも、お金を貯める事に成功した人の話をネットで見たりするのですが、そこでよく見るのが

「使うお金を1円でも減らす」という言葉。

働いて収入を増やす事も大事。だけどそれと同じくらい出費を減らす事も同じくらい大事なんだそうです。

同じ卵でも特売で100円で買うか、定価の200円で買うかの違いなどから、なんとなくで買っている商品は本当に必要なものだったのかを考える癖だとか、とにかくお金を使う事にもっと敏感になるべきだというのです。

そういえば私、おいしそうという理由でなんとなくパンを買ったばかりでした。

こういった事を気をつけないといけないというわけですね。