お金を増やすには働いて稼ぐというのが基本ですが、それでは現状維持だったりします。

給料はそれほどすいすいと昇給はしませんし、ボーナスも当てにできない会社、ない会社もあります。

そこで以前からも投資などや副業などいろんなお金を増やす行動というのが注目されています。

私自身株をやってみようかと少し調べると株は元手となるお金もある程度必要ですし、仕組みを知り、儲けるためにそれなりに勉強しないといけないのでハードルが高く感じました。

副業も本業に影響ない範囲というのはほんのおこずかい程度に限定されてしまいなかなか思うような収入アップになりません。

銀行にお金を預けても利子は増えないですし、やはりリスクのある投資に行動を移すのが現在のあり方なのかと考えています。

最近私はお金についてある仮説を立ててみました。何故かというと、自分自身どうしてもお金遣いが荒く、なかなかお金が貯まらない性格だからです。お金があると幸せだと私は思います。

それはなぜかというと好きなことができるし欲しいものも買えるし、なぜかわからないけど余裕が持てるからです。だから大概の人はお金は欲しいと思うはずです。私もお金は欲しいしたくさん会ってほしいと思っているにも関わらず、お金がどんどん無くなってしまうのです。

それはなぜかとじっくり考えてみると、私はお金が欲しいのではなく、お金の先にあるものがたくさん欲しいことに気が付きました。簡単言えば、お金が欲しいのではなく、パソコンや、服や、旅行や、人生の楽しみを得るためにお金が欲しいのだとわかったのです。

お金自体が好きなのではなく、お金がもたらしてくれるものが好きなんだという事がわかりました。お金を貯める、増やすには本当にお金を好きになる必要があるのだなと心底思いました。

 私の勤める会社は、毎年数千円の昇給はあるのですが、他の同業者と比べる月給は少ないのです。しかし、ボーナスはやや多めだったので、とてもありがたかったのですが、今年度からボーナスが半分になり残りの半分は月給に上乗せすることになりました。

よく考えてみると、毎月その分を自分で貯蓄しなければいけないことに気づき、さらに健康保険料は月給から計算されるので、保険料もあがってしまいます。
毎月貯金できるほどしっかりと私がしているのならいいのですが、このままでは貯金どころか好きなだけ使ってしまいそうです。


日ごろから節約や貯蓄を意識して生活していかなければいけないと身にしみて感じています。
いろいろ見直しをしていこうと思います。