一生家族で住むことができる家を購入することは結婚して家族ができれば誰もが憧れるものですがいざ、自分達のための家を購入すると固定資産税はかかるは住宅ローンの金利は高いわでマイホームを買った時のイメージとはかけ離れたカツカツな生活になってしまいました。

当初、勉強不足ではありましたが住宅ローンの金利も家を買ってからの数年間は安かったので安心していましたが数年間の間に金利はどんどん上がっていき今では住宅ローンを払っているのか金利を払っているのか良くわからないような状態で住宅ローンを返済しています。

住宅ローンって組んでいる人がこんなに多いのに何でこんなに金利が高いんだろうとここまで高額な金利を毎月支払わされると文句の一つも言いたくなってしまいます。

毎月必ずしていることがあります。

住宅ローンの引き落とし口座に入金する時に、小銭を家中からかき集めて、ローン分にプラスして入金しています。

管理が悪いとも言えますが、新聞代のおつりや、こどものおつかいのおつり、うっかりポケットにしまって忘れていた小銭など、意外とあるものです。

さて銀行のキャッシュコーナーでは、うきうきして硬貨とお札の両方のボタンを押します。

前に、一度にたくさん入れすぎて、時間がかかってあせったので、慎重に幾度かに分けて入れます。

それが、チリもつもればなんとやらで、だんだん貯まっていくのが無上の喜びとなっています。 毎月いやだなあ・・・と思いながらのローンの支払いが、小銭貯金が増えることで、楽しみとなってきました。

ある程度貯まったら車などの税金の支払いに充てていますが、それも税金を払うのが大変だな~という気持ちが減るので一石二鳥です。

家を建てて6年経ちました。

感想としては、やっと6年経ったかあ。です。

30年ローンですので、あと24年…。

気が遠くなります。

私は住宅関係には知識が全く無かったので、家を建てた後は住宅ローンの他にも様々なお金がかかるなんて知る由もなく、6年経った今もイマイチ納得いってません。

まずは固定資産税。なぜこんなに高いのでしょう!

なぜ家を建てたら税金がかかるのでしょう。

毎期あちこちからお金をかき集めてようやく支払っています。

年に4回数万円の支払いです。かなり家計に響きます。

そして団信の支払いも、忘れた頃にドカっとくるのであなどれません。

こちらも数万円の支払いが必要なので、前もって貯めておかないと危険です。

それに加えて我が家は浄化槽を取り付けているので、そちらも年に一度数万円点検代を支払っています。

これらを毎月の支出に換算すると、我が家の場合は月に15000円の出費になりました。

住宅ローンプラス15000円です。

大きい金額ですよね。

これから新築のお家を建てられる方は、建てたあとにかかるお金も頭に入れて、住宅ローンプラスいくら必要か把握してから、建てられる事をオススメ致します。