私は30代に入って肺炎の大病を患ってしまって、長期の入院でお金に困った経験をしました。

20代から将来の自分の事を考えて、予め有名な保険会社の保険に加入していました。

保険の内容は働けなくなった時にお金が出る保険で、5年だけ加入すればお金が貰えます。

加入の期間が満たしても支払う事は出来るが、加入期間が延びれば貰えるお金の額が増えます。

10年間だけ加入して30代になって入院したが、治療費や生活費に心配しないで暮らせました。

人間は必ず病気をしてしまう事を考えると、大病を患った時の保険の加入が欠かせないです。

何も保険に加入していないと、働けない時にお金が貰えないで路頭に迷う事になります。

入社した時から生活に支障が無い程度に就労の補償の保険に加入した方が良いです。