お姑さんが何やら保険の証書を渡してくれました。

いつでも困った時に使ってくれていいからと言ってくれたんです。

常にお金には困っているんですけど、たぶんそういう意味ではないですよね。

すぐに使ったら元本割れしちゃうんだろうし。

まあでも手元にあるだけで気分的に随分とラクになった気がするものです。

私自身も娘が生まれた時に学資保険に入ってみました。

単に銀行勤めの友達に誘われただけなのですが、当面使う予定の無いお金があったので利率の良い貯金がわりです。

それももういつ解約しても元本割れはしません。

でもきっと大学受験とか大きくなった時は今よりもっとお金に困るんであって、

そういう時のためにある保険なんですからその時の為に大事にとっておきます。

ああ、宝くじでも当たらないかなぁ。

のほほんと職業歴史を重ねてきてはいても、からっきしお月給が上がっていかないのは税金が高くなっているせいだな~って月給明細を見ていると受け取る本日昨今だ。

 

高齢化社会・少子化時代に突入してきているので、多少の心配は仕方がないは思うのですが、例年どんどんと税金があがってくるとなると、養育をするのもほんとに大変に繋がるというのです!

 

学資が思う存分要る時だけは色んな税金が少しだけでもよいから軽減されるようになってきたりすると、本当はいいのになんて見まがうのは多分私だけではないだろうな~なんて見紛うものです。

 

ここに利用TAXも高くなってくると言われているので、これから先は限られた収入を生かせるパワーや構想パワー・本質パワーが仰る時なのかもしれないな~というのです。