毎日のお金の使い方を見直すこと(支出を把握し、お金の使い方を見直す)、節約額が大きい、電気料金や電気の使い方を見直すこと(電気料金プランの見直しや電気の使い方を工夫する)、そして、ガスや水道の使い方を見直すこと(支払い方法の見直しや調理方法を工夫する)。これが大事になってきます。

毎日の支出を見直すことで無駄づかいを減らし、暮らしに欠かせない電気やガス・水道は、使い方の工夫にくわえ、プランや支払い方法を見直すことで、効果の高い節約が期待できます。

トイレやおふろ、炊事や洗濯などでひとり1日平均で約220リットルもの水を使っていると言われています。 家庭での水の使われ方を使用用途別にわけると、トイレが28パーセント、おふろが24パーセント、炊事が23パーセントと続きます。かなりの量です。