毎日のお金の使い方を見直すこと(支出を把握し、お金の使い方を見直す)、節約額が大きい、電気料金や電気の使い方を見直すこと(電気料金プランの見直しや電気の使い方を工夫する)、そして、ガスや水道の使い方を見直すこと(支払い方法の見直しや調理方法を工夫する)。これが大事になってきます。

毎日の支出を見直すことで無駄づかいを減らし、暮らしに欠かせない電気やガス・水道は、使い方の工夫にくわえ、プランや支払い方法を見直すことで、効果の高い節約が期待できます。

トイレやおふろ、炊事や洗濯などでひとり1日平均で約220リットルもの水を使っていると言われています。 家庭での水の使われ方を使用用途別にわけると、トイレが28パーセント、おふろが24パーセント、炊事が23パーセントと続きます。かなりの量です。

お金は、一生必要なものである。

はたらくため稼ぎ、そうしてお金を手に入れる。

その手に入れたお金で嬉しい暮らしを送ったり、幸せに過ごすことが出来る。

 

但し、稼ぐことは実に大変であると、思わずいま知った。

権を取り去れなかったら新天地がとらわれ、またアルバイターとなれば、売上の少なさに苦労しました。

 

月3万円から5万円程度しか稼げず、私生活の苦しさを実感しました。

依然として生徒だった間は、そんなことを全く感じなかったライフ、そうして父兄が稼いで現れる大変さや労力を知りました。

 

社会人になって、権の大切さだけでなく、働いて稼ぐため、我々或いは身寄りの安定な生活を送れることを感じました。

今後も、世間の為に稼ぐ必要があるが、それが将来に繋がるという思えば、心苦しい時でも頼れるんだと思いました。

 

お金は汚くない。

稼ぐことはいやに大切である。