給料日は待ち望んでいるのですが、しかしほぼ定額の給料ですから、支払いで消えて行くといった感じです。しかし期待している部分はあるのです。それは残業代ですね。残業代は自分ではあまり把握していないところがありますので、この「残業代」の分だけは期待しているところはありますね。

けれどもいざ給料日が来て、フタを開けてみるとやっぱりたいして増えていなかったりするのですよね。ですから、貯金をしたいのならば、やっぱり支出を抑えるしかないのです。支出をできるだけ低く抑えれば、給与も余り分が増えるというわけですからね。

しかしそれがなかなか難しいのですよね。ですから、毎月やっぱり余り分があまりないということになっているのです…。ああ、お金が足りない貯金したいと思っていますが。

経済が良くなったという体感があまりなく、円安のおかげで物価はジワジワ昇る状況で口座の中身は厳しくなって行く状況です。

そんな中も、最も自分の為に小遣いを使いたいこともあるので、その部分の小遣いをどんなに見つけるか考えてみた。

ここに頂点課題がありそうだが、減額自体が下手で減額を始めたはいいが、だんだん減額に外圧を捉え最後には衝動買いをしてしまう片付け。

さすがにそれではいけないので、極端な減額はせずにそこは外圧をためない階級にほどほどに実践。

それだけでは足りないので、最近はリーダーに仕込を受けない階級に残業日にちを少しずつ延ばして残業代を稼ぐ。

身体的には激しく見て取れることもありますが、残業代の利潤はそこそこ旨いものがあります。

とは言え、小遣いにスペースを作り上げるのは前もって減額が一番だと思うので、心得を鍛え上げるつもりで減額がんばっていきます。