家計を預かっているので、家計用の財布をいつも持ち歩いています。

これは長財布です。

この他に私は自分用の財布を持っています。

自分の買い物がしたい時は、財布を2つ持つことになります。

荷物になるので、自分用の財布は2つ折りの財布を使っていました。

しかし、お金を大切に扱う人にお金は集まるという考え方から、

お札を折らずに入れることが出来る長財布の方がお金が貯まりやすいという話を聞いて、

自分用の財布も長財布に替えました。

これでお金が貯まるかも・・・なんて思っていたのですが、長財布を2つ入れるには鞄が小さすぎたので鞄を買い替えることになりました。

さらに、長財布が2つ入った鞄は思いのほか重く、よくカフェで休憩するようになりました。

全くお金が貯まる気配がないので、長財布でお金が貯まるというのはちょっと違うかもしれない・・・と思う今日この頃です。

「お金は寂しがり屋なので、つい友人(=お金)を呼び込もうとする」「財布の中をきれいに整理し、居心地よくしてやるとお金は居つきやすい」…といった、お金の擬人化はよく言われることです。特にお財布のカラーや材質、風水などにこだわる人がよく仰ることです。

初めて聞く分には眉唾ですが、私の実体験から「お金は寂しがり屋」というのは本当だと思います。というのも、一度お金を拾うと「あれっ?」と思うくらいに同種類の硬貨を拾うことが続く経験を何度もしているからです。

地面から拾ったお金は往々にして汚れているので、きれいに洗ってから財布や貯金箱に入れてやると、まさに「類を呼ぶ」かのごとく、お金を拾う幸運が続きます。細かい硬貨もその価値を大切に認め、大事にするときっといい事がありますよ。

財布が草臥れていると、お金が寄り付かないそうです。

風水ばかり気にして生きているわけではないけれども、

金運だけは良くしたいです。

風水的には、お財布を3年ごとに買い替える必要があるそうです。

自分の財布をいつ買ったのか、よく覚えていませんが、少なくとも3年は経っています。

まだ破れてはいないし、使おうと思えば使えます。

けれども薄っすらと汚れて黒ずんでいて、どう見てもお金持ちの財布ではありません。

だから新しい財布に買い替えることにしました。


出先であちこちお店を見て回り、ネットでも探しましたが、

結局、近所のショッピングモールで購入しました。

淡いベージュで、金具が金色の長財布です。

財布が新しくなったことだし、金運が上向きますように。