夫は車が趣味で、高いものではありませんが中古車をしょっちゅう買い替えるのでその度にお金が無くなります。

中古だから良いだろうという甘い考えなのだと思うのですが、手続きの手間や登録の料金などもかかりますし、

しょっちゅう車を売ったり買ったりしているので結局かなりお金をつぎ込んでいます。

子供も大学生なのですが高い洋服ばかり買っていて、一応アプリなどで中古を買っているみたいですがそれでも靴に1万円以上かけたりして学生にしては高いです。

子供は化粧品もブランドが好きなのでしょっちゅう買っています。

私一人が節約してもむなしくなりますが、お金遣いの荒さは夫と子供は遺伝のようです。

もう少し切り詰めてもらわないと生活がきついです。

先日、家計を圧迫する出来事がありました。

それは、お給料が減額されたことです。

先日あった台風で、職場が打撃を受け従業員の削減やお給料の減給といった形を取ることになりました。

ただでさえ、家計が苦しかったのに、減給なんて信じられません。

ここより良い職場があれば、仕事を転職することも考えています。

職場には大変お世話になっているのですが、生活ができないとそんなことも言ってられません。

自然災害は、本当に社会に打撃を与えてくれるなと思います。

今、生活が本当に苦しいです。

家計のためのお金しか稼げません。

好きなファッションや趣味にお金をそそぐことはできていませんが、ただただ毎日を一生懸命でいることしかできないと思っています。

減給の怖さを思い知りました。

お金は地道に稼ぐのが一番だと思います。

当然競馬やギャンブルだけで稼いで行ける人なんてほとんどいないと思っています。

定期的に確実な収入を得るのが一番安全な生き方だと思うのですが、それ以外にプラスの収入を得たい場合は危険のない程度のギャンブル性を持ったことをしても良いと思います。

最近趣味でネットで色々なコンテストにエントリーするのが趣味です。

賞金目当てですね。

川柳のコンテストに優勝したら5万円もらえたり、副賞でも数千円もらえたりなどです。

高校生のときに現代詩のコンテストに優勝したことがあり、一万円もらったことがありました。

地域の新聞主催の小規模なコンテストだったので倍率がそこまで高くなかったのかもしれませんが、優勝して自分の作品が新聞に載ったときには嬉しかったです。

高校生が一度に一万円を稼ぐのは簡単なことではありませんでしたからね。

コンテストは失うものはなく、優勝したら賞金がもらえるのであまり当てにしない程度にお小遣い稼ぎに良いかもしれません。