自分は学生の頃に奨学金を借りていたのですが、その返済が今でもまだ残っています。

借りていたときは一人暮らしの生活費のために月6万円ほどのものだったのですが、4年も積み重なると結構な額になり、利子ものってくるので返済に一苦労です。

卒業後は毎月1万5千円を20年くらいにわたって払い続けることになり、それほど年収の高いわけではない自分にとってみればそこそこ大きな負担になっています。

しかし、考えてみれば大学生という気楽な時間に、奨学金があったおかげでそこまでバイトを頑張らなくても酒を飲んだり、遊んだりすることはできていたわけなので(もちろん、単位取得のための勉強はきっちりやった上でですが)、働き出してから多少の負担がかえってくるのは致し方ないことだとも思います。

借りたこと自体に後悔はないものなので、これからもコツコツ返済していく所存です。

私はかつてクレジットカードで借金地獄に陥った経験があります。

借金地獄に陥った原因はクレジットカードでリボ払いを選択して、

しかも、なんでもリボ払いで自分の安易な考えでリボ払いをしていました。

その結果、借金地獄に陥って返済に苦しむことになりました。

カードを発行してから1か月で30万円も使い込んでしまいました。

主な利用は書籍で使いました。


自分は本が好きで気になる本があったらカードで迷わず購入していました。

請求書を見た時は焦った記憶があります。

それからは、給料の大部分を返済に充てていましたが、

リボ払い特有の手数料が高くてなかなか返済がスムーズにいきませんでした。

そこで自分の生命保険を解約して解約払戻金で返済することにしました。

今は「リボ払いは二度とやらない」と心から決めています。

お金が欲しいからじゃあ借りよう。
そんな簡単な気持ちで、誰がお金を貸してくれますか?

返済の可能性。
確実に貸したら返してくれる。
それがあってこそ、お金のやり取りが発生するという事に。

お金を借りたいのならば、それなりに信用が・・・。

基本的に、消費者金融にお金を借りるのだって、
審査という信用性が発生しますよね?

審査があってこそ、
お金が借りれるという事に・・・。

お金の移動。
そうそう簡単にはいきません。

意図を持っての移動となるわけだし、
誰にでもできるという訳でもありません。

審査だって、業者によって内容も違っています。

お金を借りるのならば、
審査が通過できる場所選びだって必要かとね。

ただし、エスカレートしていって、
闇の金融会社にまで手を付けない事。
なんでも間でも関わりを持とうとしない事。
そうなってしまったら最後でしょう。

借金取りに追われるのだって目に見えているってね。
人生真っ暗に。

お金を借りる際には、
いろんな点を注意していきましょうね。