銀行に預けていたらお金が増えていった時代はもう終わったのだろう。

金利があまりにも低いのだ。

物価上昇率よりも金利が低いとなると、金額は変わらなくても、結果的には資産がどんどん目減りしていっていることになる。

海外では、貯金よりも投資の割合が高い国もあるらしい。

日本は貯金するのが主流で、投資となると少しハードルが高いものという印象がある。

しかし、今後のことを考えると、資産を分散するという意味でも、

一部投資に回してもいいのかもしれない。

国も、NISA制度や確定拠出年金制度を作り、積極的に投資を推奨している。

もう自分達で資産を増やしていかなければいけない時代になってきたのだろう。

投資はまとまったお金がなくても始めることができる。

とりあえず月1000円からでも投資をしてみようかと考えている。

年金崩壊が叫ばれて久しい昨今、投資信託で資金運用をしている人も増えています。ここではそんな投資信託でも人気が出つつある積み立てNISAについて紹介します。

・積み立てNISAとは?

一言で表すと、「税制優遇のある少額からの投資信託」です。

次に、これらをキーワードごとに分けてもう少し詳しく説明していきます。

・税制優遇

通常、投資で得た利益には約20%の税金がかかります。ところが積み立てNISAで出た利益には税金がかからないのです。

・積み立てNISAは投資信託

投資には多くの知識がいりますが、投信信託では最低でも「国内」「海外」「株」「債権」の組み合わせくらいでも始めることができるます。

・少額から始める

積み立てNISAは毎月自分で設定した分だけを積み立てて運用していくことができます。それも1000円からでも始めることも可能なので気軽に始めることが出来ます。

・最後に

以上、積み立てNISAについてよいところを紹介していきました。もちろん悪いところもありますが、まずは少額から始めてみて少しずつ理解を深めていけばいいでしょう。